メガネフレーム —— チタンシリーズ

5月 10, 2024

チタンシリーズメガネ

お問い合わせを送ってください


メガネフレーム —— チタンシリーズ



今日はチタンフレームについてお話します!


メガネは視力を矯正するためのツールであるだけでなく、快適さとファッション性を完璧に組み合わせることができるファッションアクセサリーでもあります。 チタン ガラス フレームは、軽さと快適さ、耐食性と耐摩耗性、優れた靭性、非アレルギー性という独特の素材特性を備えており、快適さとスタイルの両方を求める着用者に人気の選択肢となっています。 

ただし、市場にはさまざまな種類のチタン眼鏡フレームもあり、それらの間には特定の違いがあります。メガネフレームに使用される主なチタン素材には純チタン、ハーフチタン、βチタン、形状記憶チタンがあり、それぞれに特徴があります。チタンフレームの種類の見分け方、自分に合ったチタンフレームの選び方をご存知ですか?それぞれのチタンフレームの特徴やメリットを見ていきましょう。


1. 純チタン:

純チタン眼鏡フレームは、追加の合金元素を含まず、高純度のチタンから作られています。軽量な特性で知られており、長時間着用しても比類のない快適さを提供します。さらに、優れた耐食性を示し、長期間の着用に最適です。純チタン製メガネフレームは高純度の素材を使用しているため高価になる傾向がありますが、その品質と耐久性は投資に見合ったものです。


2. ハーフチタン:

ハーフチタン眼鏡フレームはチタン合金で作られており、通常はチタン合金と金属やアセテートなどの他の素材を組み合わせた眼鏡フレームを指します。この種のチタン製メガネフレームは、強度と耐食性に優れ、ある程度の柔軟性も備えています。また、ハーフチタンメガネフレームは、さまざまな素材を組み込んでさまざまなスタイルや形状を作り出すことができるため、デザインのバリエーションが広がります。


3. メモリーチタン:

形状記憶チタン眼鏡フレームは、形状記憶特性を特徴とする特殊なタイプのチタン合金ガラスフレームです。変形を引き起こす外力を受けた場合、形状記憶チタン製光学フレームは元の形状に戻る能力を備えているため、永久的な曲がりや反りに耐えることができます。この優れた柔軟性と弾力性により、複雑なフレーム設計に適しています。 


4. ベータチタン:

ベータチタン光学フレームはチタン合金で構成されており、通常はチタンとニッケル、クロム、銅などの他の金属が組み込まれています。 「ベータ」はチタン合金の結晶構造を指します。純チタンメガネフレームよりは若干重いですが、それでも他の金属に比べればかなり軽いです。さらに、優れた強度と耐久性が高く評価されており、活動レベルの高い人に適しています。

要約すると、これらのチタン素材は、メガネフレームのデザインと快適さの点で異なります。人々は、個人の好み、ニーズ、習慣とこれらの素材の特性に基づいて、適切な眼鏡フレームを選択できます。


今日の説明はここまでです、また次回


Chat
Now

お問い合わせを送ってください